就実大学・就実短期大学

人文科学部

人文科学部とは

人文科学は、「ことば」にこだわり、それを重要な手がかりとして「人間」の営みを研究し、人間や社会について根本的な理解を得ようとする学問です。人文科学部では、「いま・ここ」にある人間の問題を理解し、解決する方法として、過去から現在に至る言語・文化・歴史を学びます。
人文科学は最も長い歴史をもつ学問であり、「万学の基礎」といえるでしょう。人文科学部で学ぶ知識は、4・5年で更新されてしまう特殊なものとは異なり、応用範囲の広い「一生もの」の知識です。

人文科学部の学科構成

表現文化学科
表現文化学科は、言語や身体による表現と文化について学ぶ学科です。
実践英語学科
実践英語学科は、実践的英語力を着実に向上させます!
総合歴史学科
中四国では数少ない本格的に歴史学が学べる学科です。

人文科学部・各学科の「人材の養成及びその他の教育研究上の目的」

・人文科学部 人間の存在を、本質的かつ総合的に考究する人文学の理念に基づいて、ことばを中心手段とする確かな知見に裏付けられた専門性と豊かで幅広い教養を調和的に備えた魅力的で個性的な人材の育成を目的とする。


・表現文化学科 言語・身体に関する幅広い知識と教養、実践力を備え、広い視野から人間の表現行為とその成果を的確に評価すると同時に他者との関係性の中でその創造に取り組むことのできる人材の育成を目的とする。


・実践英語学科 国際的な言語である英語の確かな運用能力を修得の上、人間及び文化について広い視野と深い理解を持つと同時に的確な表現力を備えて、現代の国際社会に対応することのできる人材の育成を目的とする。


・総合歴史学科 人類の経験の宝庫である過去の歴史を、現在を意識しつつ多様な観点から精密に把握する技術を鍛えるとともに、そこで修得された学識を現代社会に活かす応用力・実践力を備えた人材の育成を目的とする。


人文科学部教員の研究業績

人文科学部3学科の教員は、単独の著書・共同執筆・学術雑誌への寄稿など、活発に研究執筆活動を展開しています。 近年の研究業績の一端を、書籍・全国的な専門雑誌等を中心に紹介します。



2018年の業績

藤崎和彦 監修、樫田美雄、岡田光弘、中塚朋子(総合歴史学科)編著

『医療者教育のビデオ・エスノグラフィー』

晃洋書房 [3月]


就実大学吉備地方文化研究所 編

『人文知のトポス ― グローバリズムを超えて あるいは”世界を毛羽立たせること”』

和泉書院 [3月]

山本光久(表現文化学科)「人文知のトポス」、岡部由文(表現文化学科)「古典としての〈伊勢物語〉」、井上啓治(表現文化学科)「近世ルネッサンス・日本の場合」、苅米一志(総合歴史学科)「禅律仏教による〈意訳〉と実践」、川崎剛志(表現文化学科)「当麻寺〈史〉の更新」、井上あえか(総合歴史学科)「発刊の辞」、「イスラームをどう認識するか」、小林敦子(表現文化学科)「拡大の場としての〈アジア〉・流浪の場としての〈アジア〉」、土井通弘(表現文化学科)「岡倉天心著〈白狐〉をめぐって」、「結び」、松尾直昭(表現文化学科)「個人主義の変調」、和栗 了(実践英語学科)「ウィリアム・シェイクスピアの〈オセロー〉における話し言葉と書き言葉」、西谷工平(実践英語学科)& 中﨑崇(表現文化学科)「外国語習得における母語知識の活性化の必要性」


日本古文書学会 編『古文書研究』第84号、勉誠出版 [1月]

苅米一志(総合歴史学科)「明応年間における備前西大寺の復興造営 ― 古文書と縁起のあいだ」、

川崎剛志(表現文化学科)「備前国西大寺における縁起絵巻群の形成と保持」



2017年の業績

市田良彦・王寺賢太 編著『〈ポスト68年〉と私たち』平凡社 [10月]

⇒ ブリュノ・ボステイルス「政治と主体性をめぐる20のテーゼ」

上尾真道、箱田徹、松本潤一郎(表現文化学科)訳


フランソワ・シェネ

長原豊、 松本潤一郎(表現文化学科)訳

『不当な債務』作品社 [7月]


瀬戸賢一、山添秀剛、小田希望(実践英語学科)

『認知言語学演習3 ― 解いて学ぶ認知構文論』

大修館書店 [7月]


瀬戸賢一、山添秀剛、小田希望(実践英語学科)

『認知言語学演習2 ― 解いて学ぶ認知意味論』

大修館書店 [7月]


瀬戸賢一、山添秀剛、小田希望(実践英語学科)

『認知言語学演習1 ― 解いて学ぶ認知言語学の基礎』

大修館書店 [1月]


大橋直義 編

『根来寺と延慶本〈平家物語〉』勉誠出版 [7月]

川崎剛志(表現文化学科)「承久の乱後の熊野三山検校と熊野御幸」


アジア経済研究所 編『アジア動向年報』 [5月]

井上あえか(総合歴史学科)、牧野百恵

「2016年のパキスタン ― 対インド関係の不安定化」


現代思想 6月臨時増刊号

『マルクスの思想 ― 資本論150年』青土社 [5月]

松本潤一郎(表現文化学科)「レンタル・ライフの政治」


桜田美津夫(総合歴史学科)

『物語 オランダの歴史』

中央公論新社(中公新書)[5月]


岡﨑友子、堤良一、松丸真大、岩田美穂(表現文化学科)

『ココが面白い! 日本語学』

ココ出版 [4月]


神戸女子大学古典芸能研究センター 編

『説経』和泉書院 [3月]

川崎剛志(表現文化学科)「絵画化された説経」


『昭和文学研究』昭和文学会 [3月]

小林敦子(表現文化学科)

「高見順」



2016年の業績

土屋昌明・「中国六〇年代と世界」研究会 編

『文化大革命を問い直す』勉誠出版 [11月]

松本潤一郎(表現文化学科)「共和制のリミット ― 文革、ルソーの徴の下に」


中山一麿 編

『神と仏に祈る山 美作の古刹 木山寺社史料のひらく世界』法蔵館 [11月]

苅米一志(総合歴史学科)「木山寺の中世古文書について」


中西 裕(表現文化学科) 編著

『考える情報学2.0 ― アクティブ・ラーニングのための事例集』

樹村房 [10月]


『現代詩手帖』11月号、思潮社 [10月]

松本潤一郎(表現文化学科)

「狂気と国家 ― 黒田喜夫におけるイメージの往還」


和栗 了(実践英語学科)

『マーク・トウェインはこう読め』

柏書房 [10月]


早稲田大学長江流域文化研究所 編

『中国古代史論集 ― 政治・民族・術数』雄山閣 [8月]

渡辺将智(総合歴史学科)「後漢安帝の親政とその統治の構造」


中島圭一 編

『十四世紀の歴史学 ― 新たな時代への起点』高志書院 [6月]

苅米一志(総合歴史学科)「創りだされる神々の縁起」


酒井啓子 編著

『途上国における軍・政治権力・市民社会』晃洋書房 [4月]

井上あえか(総合歴史学科)「パキスタン政治の変化と軍の役割」


内山幸久 編著

『地域をさぐる』古今書院 [3月]

吉本 勇 (総合歴史学科)「ジーンズを活用した倉敷市・児島の観光」


市田良彦、王寺賢太 編

『現代思想と政治 ― 資本主義・精神分析・哲学』平凡社 [1月]

松本潤一郎(表現文化学科)「矛盾は失効したのか ― 思考の政治的時効」



2015年の業績

苅米一志(総合歴史学科)

『殺生と往生のあいだ ― 中世仏教と民衆生活』

吉川弘文館(歴史文化ライブラリー)[11月]


賈 鍾壽(総合歴史学科) 編、金 河(就実大学大学院修了生) 著

『テキスト 韓国語』

大学教育出版 [10月]


日本図書館文化史研究会 編

『図書館文化史研究』No.32、日外アソシエーツ/紀伊國屋書店 [9月]

松崎博子(総合歴史学科)「シェラの図書館学教育思想とその実践」


神原邦男 監修『東照宮御祭礼と岡山城下のひとびと(上)』備前池田家の伝えた文化遺産を守る会/三門印刷所

[7月] ⇒ 土井通弘 (表現文化学科)、吉本 勇 (総合歴史学科)、加藤美奈子 (就実短期大学 生活実践科学科)、

田中愛弓 (総合歴史学科卒業生)、濱田ゆか里 (就実女子大学史学科卒業生) … 執筆・調査・撮影・編集 他


神原邦男 監修『東照宮御祭礼と岡山城下のひとびと(下)』備前池田家の伝えた文化遺産を守る会/三門印刷所

[7月] ⇒ 土井通弘 (表現文化学科)、吉本 勇 (総合歴史学科)、加藤美奈子 (就実短期大学生活実践科学科)、

田中愛弓 (総合歴史学科卒業生)、濱田ゆか里 (就実女子大学史学科卒業生) … 執筆・調査・撮影・編集 他


カリフォルニア大学マーク・トウェイン プロジェクト 編

『マーク・トウェイン 完全なる自伝 Volume 2 』柏書房 [6月]

⇒ 和栗 了(実践英語学科)他訳


大津 透ほか 編

『岩波講座日本歴史5』岩波書店 [6月]

曾根正人(総合歴史学科)「平安仏教の展開と信仰」


苅米一志(総合歴史学科)著、日本史史料研究会 監修

『日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法』

吉川弘文館 [2月]



2014年の業績







































山田芳則(総合歴史学科)
『熊沢蕃山の思想冒険』
思文閣出版[12月]

信多純一、川崎剛志(表現文化学科)
『現代語訳 完本 小栗』
和泉書院[11月]

title小池直己(実践英語学科)
『3語で英会話! とことん使えるショートフレーズ1600』
宝島社[11月]

title小池直己(実践英語学科)監修
『2週間で英語が話せる! 日常英会話スピードマスター』
学研パブリッシング[9月]

日本宗教史懇話会 編『日本宗教史研究の軌跡と展望』岩田書院 [9月]
曾根正人(総合歴史学科)「二つのサマーセミナー」、
苅米一志(総合歴史学科)「サマーセミナーの〈効能〉」

title小池直己(実践英語学科)、佐藤誠司
『中学でならった9の動詞でいますぐ英会話』
別冊宝島[6月]

title佐藤誠司、小池直己(実践英語学科)
『話すためのやさしい英文法』
三笠書房[6月]

title小池直己(実践英語学科)、佐藤誠司
『中学英語で話せるちょっとしたモノの言い方』
青春出版社[6月]

「支援」編集委員会 編『支援』Vol.4、生活書院 [5月]
⇒ 語り手:花井十伍 聞き手:井口高志、中塚朋子(総合歴史学科)
「薬害HIV被害者の当事者性とは何か?:花井十伍に聞く」

遠藤英樹ほか 編著
『観光メディア論』ナカニシヤ出版 [5月]
中塚朋子(総合歴史学科)「写真と語り ー 写真を撮るとき、見るとき、語るとき」

日本マーク・トウェイン協会 編
『マーク・トウェイン 研究と批評』第13号、南雲堂 [4月]
和栗 了(実践英語学科)「トウェインはジャンヌ・ダルクを肯定しているのか?」

益岡隆志ほか 編
『日本語複文構文の研究』ひつじ書房 [2月]
岩田美穂(表現文化学科)「例示並列形式としてのトカの史的変遷」


2013年の業績




































川崎剛志(表現文化学科)、苅米一志(総合歴史学科)、土井通弘(表現文化学科)編著

『備前国西大寺縁起絵巻』
就実大学 吉備地方文化研究所 [12月]

Journal International de Bioéthique, vol. 24. [Dec.]
⇒ Shigeru Mushiaki (Department of Comprehensive History)
“Ethica ex Machina: Issues in Roboethics”

『週刊 新発見! 日本の歴史』第21号、朝日新聞出版[11月]

苅米一志 (総合歴史学科)
「武士と禅・律」、「栄西と俊芿

瀬戸賢一 監修

『大学生のための英語の新マナビー:構文ナビ』海鳴社[11月]
西谷工平(実践英語学科)、Laurence Dante(実践英語学科)

山本順一 編
『新しい時代の図書館情報学』有斐閣[11月]
松崎博子(総合歴史学科)「アメリカの図書館員養成教育の歴史」

book池直己(実践英語学科)監修
『これだけで話せる パーフェクト英会話』
学研パブリッシング[9月]

表紙カリフォルニア大学マーク・トウェイン プロジェクト 編
『マーク・トウェイン 完全なる自伝 Volume 1 』柏書房[6月]

和栗 了(実践英語学科)他訳


表紙賈 鍾壽(総合歴史学科)
『ボロブドゥール ― 絢爛たる仏教美術』
Book Korea[5月]

表紙『季刊 韓国の考古学』第23号[5月]
賈 鍾壽(総合歴史学科)
「インドネシア フローレス島の支石墓」
石川透 編 中世文学と隣接諸学9『中世の物語と絵画』竹林舎[5月]
川崎剛志(表現文化学科)「明応四年回禄後の備前国西大寺の再興と縁起
― 永正本『西大寺縁起絵巻を中心に ― 」

小池表紙直己(実践英語学科)、佐藤誠司
『英会話 聞き方と答え方3秒フレーズ』
PHP研究所[5月]

小池直己(実践英語学科)
『「話すための英語」を5日間でやり直す本』
PHP研究所[5月]

小池直己(実践英語学科)、佐藤誠司表紙
『1日1分! 大人の英語力が面白いほど身につく!』
青春出版社[5月]

表紙小池直己(実践英語学科)
『聞いて覚えるスピード英会話』
学研パブリッシング[5月]

表紙粟屋 剛 編

『生命倫理学 ― 講義スライドノート』ふくろう出版[4月]

虫明 茂(総合歴史学科)「補論(1) 倫理学概論」、「トピック(4) ニューロエシックス」

『民族藝術』第29号[3月]表紙
賈 鍾壽(総合歴史学科)
「スンバ島のドルメン造り」

『環太平洋文化』第27・28号併合[3月]
賈 鍾壽(総合歴史学科)
「地上最後の支石墓社会スンバ島」

表紙大手前大学史学研究所「中世山寺と地域社会」プロジェクト
『播磨六箇寺の研究 I 』[3月]
苅米一志(総合歴史学科)「書写山円教寺の歴史 (1)平安~鎌倉時代」

遠藤基郎 編
『生活と文化の歴史学2  年中行事・神事・仏事』 竹林舎 [3月]
苅米一志(総合歴史学科)「荘園における寺社の年中行事」

井原今朝男 編
『環境の日本史3 ― 中世の環境と開発・生業』 吉川弘文館 [3月]
苅米一志(総合歴史学科)「狩人・漁人・武士と殺生・成仏観」


2012年の業績

長瀬恵美(実践英語学科)
『『グレート・ギャッツビー』の言語とスタイル』
大阪教育図書 [12月]

歴史学研究会 編『世界史史料11』岩波書店 [12月]
井上あえか(総合歴史学科)「パンジャーブとベンガルでのコミュナル暴動」、
「カシュミール問題」、「イスラームと異端 アフマディーヤに関する非ムスリム規定」

有木恭子(実践英語学科)
『文豪から学ぶ目からうろこの人生レシピ読本 ― スタインベックに聞いてみよう』
大阪教育図書 [11月]

中西 裕 編著(表現文化学科)
『考える情報学 ― ディスカッションへのテーマと事例』
樹村房 [10月]

酒井啓子 編
『中東政治学』 有斐閣 [9月]
井上あえか(総合歴史学科)「第7章 アフガニスタンにおける統合と部族社会」

谷善一郎(学長/実践英語学科)
『続 四季(とき)のながれ』
大阪教育図書 [9月]

賈 鍾壽(総合歴史学科)
『ジャワの寺院と遺跡』 周留城出版社 [8月]
⇒ ハングルによる韓国での出版

編集代表 粟屋 剛、 責任編集 霜田 求、虫明 茂(総合歴史学科)

『シリーズ生命倫理学12:先端医療』 丸善出版 [7月]
虫明 茂 「第7章 脳と倫理 ― ニューロエシックスの諸問題」

曾根正人(総合歴史学科)
『空海 ― 日本密教を改革した遍歴行者』
山川出版社 [7月]

存思想協会 編
『実存思想論集XXVII:生命技術と身体』 理想社 [6月]
虫明 茂(総合歴史学科)「倫理エンハンスメントの倫理問題」

高埜利彦、安田次郎 編
『新体系日本史15:宗教社会史』 山川出版社 [3月]
曾根正人(総合歴史学科)「日本宗教の形成と社会」

山本隆志 編
『日本中世政治文化論の射程』 思文閣出版 [3月]
苅米一志(総合歴史学科)「荘園年中行事論ノート」

『民族藝術』VOL.28 [3月]
賈 鍾壽(総合歴史学科)
「スマトラ島パセマ高原の岩刻画」

『季刊 韓国の考古学』第19号 [3月]
賈 鍾壽(総合歴史学科) 「ボロブドゥールの浮彫 ― スダナ王子とマノハラの恋物語」
⇒ ハングルによる韓国での出版

中野隆生、中嶋毅 共編
『文献解説 西洋近現代史1:近世ヨーロッパの拡大』 南窓社 [3月]
桜田美津夫(総合歴史学科)「第3章 ハプスブルク帝国と主権国家体制」(第1節を除く)

編集主幹 瀬戸賢一、投野由紀夫
『プログレッシブ英和中辞典(第5版)』 小学館 [2月]
⇒ 主たる校閲・執筆者 小田希望(実践英語学科)、西谷工平(実践英語学科)他 計7名



過去の業績(クリックするとPDFファイルが開きます)
⇒2003年の業績 2004年の業績 2005年の業績 2006年の業績 2007年の業績
2008年の業績 2009年の業績 2010年の業績 2011年の業績
以前の就実女子大学「文学部」が、大幅なカリキュラムの見直しをへて就実大学「人文科学部」となったのは2003(平成15)年4月のことでした。また、新たに初等教育学科が誕生して、人文科学部4学科制となったのが2007(平成19)年4月のことで、この体制が2011(平成23)年3月まで続きました。2011年4月、初等教育学科は、新たに設けられた教育心理学科とともに教育学部として独立しましたので、人文科学部はふたたび、表現文化・実践英語・総合歴史の3学科体制に復帰しました。

人文科学部総合教養教育科目,外国語教育科目

卒業に必要な単位数(2016年度入学生用) 表現文化学科 総合教養教育科目20単位,外国語科目6単位以上
実践英語学科 総合教養教育科目20単位,外国語科目12単位以上
総合歴史学科 総合教養教育科目20単位,外国語科目8単位以上


総合教養教育科目(2016年度入学生用)
































外国語教育科目


レポート表紙